ファッション

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ファッションブランド(12/22)
  3. ルイ ヴィトンについて(01/12)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ファッションブランド

2007.12.22(11:02)
 ファッションブランド、という言葉を聞くと、どういうものをイメージするでしょうか。


 人気ファッションブランドの名前や、スタイル、ブランドがかもし出すイメージが広がるかも知れません。


 同じ業界の中でも利用者に印象つけるマークやデザイン、機能といった、独特の世界を作り出しているのが特徴です。


 ファッションブランドを使った消費者は、デザイン、使用感、他からの評価などで満足することで、もっとそのブランドを使いたくなります。


 ファッションブランドは数多く存在しています。有名どころでいうと、ルイ・ヴィトンやグッチ、フェンディといったところでしょう。


 人気ファッションブランドは、こうして利用者が高い価値を認めることで広がり、ファッションブランドを作る人も、働いている従業員も、もちろん消費者も満足することで、さらに浸透してきます。


 ファッションブランドはこうして、消費者が満足を得て、もっと得たいという心を刺激し続け、販売している企業に大きな利益をもたらしています。
スポンサーサイト
ファッション | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ルイ ヴィトンについて

2007.01.12(23:35)
ルイヴィトンは、パリで発祥した世界最初の旅行カバン専門店です。

 ルイヴィトンは、ブランドの象徴となる柄を最初に商品に用いたブランドともいわれています。


 発祥から100年以上を経たルイヴィトンは、近年は服作りを始めたことが話題を呼びました。

 LとV、花と星を組み合わせた模様が織り成す機能的で実用的なデザインは、発祥当時は貴族に、今は世界的なリッチを演出するおしゃれな人々を魅了しています。


 ルイヴィトンを買うためにフランスで行列を作る日本人の話は有名です。

 日本人のブランド好きは世界的に有名で、特にルイヴィトンを身に着ける人が目に付くと言われています。

 世界のルイヴィトンの売り上げのうち、6割を日本が支えているそうです。


 価値があるから持つ、みんなが持つから価値があるという、ブランドの成功例といえるのかもしれません。
ファッション | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。