2007年01月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ルイヴィトンで買い物をするには(01/20)
  3. ルイ ヴィトンについて(01/12)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ルイヴィトンで買い物をするには

2007.01.20(23:37)
 ルイヴィトンは、とても機能的、実用的な高級ブランドで、持つ人に大きな快感を与えています。


 ルイヴィトンを買うぞ、とお店まで行ったはいいけど、ドアマンまで立っているブランドがかもし出す高級感に、たじたじとなった経験のある人は多いのではないでしょうか。


 フランスのルイヴィトンのお店では、行列を作る日本人がしばしば話題になっています。

 ルイヴィトンの販売数には、1日につき制限数があるという情報もあり、朝一番に並ばないと、夕方には売り切れている商品が多いようです。

 一人あたりの販売個数にも限りがあり、1個しか買えなかったという話もあります。


 最高級を自他共に認めるブランドですから、店員からの評価も大切です。

 フランスのルイヴィトンの店では、せめて英語、できればフランス語が話せると、店員の対応が違ってくると言われています。

 服装についても、カジュアルでも普通に買えたとしても、フォーマルやヴィトンで身を固めて臨んだ人ほどは大切にされていないのではないでしょうか。

 ジーパンの客には「売ってもらえない」こともあるようです。


 ブランドを買うということは、そのブランドを持つ資格があるということです。

 店員さんに眉をしかめられないように、ルイヴィトンのような高級感のある買い物客を演じて、買い物に行ってみましょう。
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ルイ ヴィトンについて

2007.01.12(23:35)
ルイヴィトンは、パリで発祥した世界最初の旅行カバン専門店です。

 ルイヴィトンは、ブランドの象徴となる柄を最初に商品に用いたブランドともいわれています。


 発祥から100年以上を経たルイヴィトンは、近年は服作りを始めたことが話題を呼びました。

 LとV、花と星を組み合わせた模様が織り成す機能的で実用的なデザインは、発祥当時は貴族に、今は世界的なリッチを演出するおしゃれな人々を魅了しています。


 ルイヴィトンを買うためにフランスで行列を作る日本人の話は有名です。

 日本人のブランド好きは世界的に有名で、特にルイヴィトンを身に着ける人が目に付くと言われています。

 世界のルイヴィトンの売り上げのうち、6割を日本が支えているそうです。


 価値があるから持つ、みんなが持つから価値があるという、ブランドの成功例といえるのかもしれません。
ファッション | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。