FC2ブログ

2007年12月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ファッションブランド(12/22)
  3. ブーツとは(12/22)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ファッションブランド

2007.12.22(11:02)
 ファッションブランド、という言葉を聞くと、どういうものをイメージするでしょうか。


 人気ファッションブランドの名前や、スタイル、ブランドがかもし出すイメージが広がるかも知れません。


 同じ業界の中でも利用者に印象つけるマークやデザイン、機能といった、独特の世界を作り出しているのが特徴です。


 ファッションブランドを使った消費者は、デザイン、使用感、他からの評価などで満足することで、もっとそのブランドを使いたくなります。


 ファッションブランドは数多く存在しています。有名どころでいうと、ルイ・ヴィトンやグッチ、フェンディといったところでしょう。


 人気ファッションブランドは、こうして利用者が高い価値を認めることで広がり、ファッションブランドを作る人も、働いている従業員も、もちろん消費者も満足することで、さらに浸透してきます。


 ファッションブランドはこうして、消費者が満足を得て、もっと得たいという心を刺激し続け、販売している企業に大きな利益をもたらしています。
スポンサーサイト
ファッション | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ブーツとは

2007.12.22(10:04)
ブーツというと、冬に女性が履く靴、といったイメージが強いかもしれません。

 

 ブーツは、歩きやすくて足に不要な力が入らず、大きめサイズでもゆとりがあるまま履けるという素晴らしい靴で、男性でもおしゃれな人には愛用されています。

 

 アンクルブーツは、くるぶしくらいの高さのブーツで、女性向けには少しヒールのあるもの、男性向けでは普通かかとのものがあります。他にもファッション的なブーツとしてウエスタンブーツ、ジョッキーブーツなどがあります。最近の流行としてはニーハイブーツ、くしゅくしゅブーツといったところでしょうか。

 

 普通の靴だと、ぴったりしたサイズでないと、サイドがパカパカしてみっともない感じがします。履ける靴下の厚さも決まってしまいます。

 

 ブーツは、靴下の厚さが影響しないで歩けるので、冬場にタイツと組み合わせたりしても、おしゃれと温かさの2つを同時に楽しむことができます。

 

 足の冷えは万病の元とも言われています。

 

 性別に関係なく、おしゃれのバリエーションを広げ、体にいいブーツをぜひ持ってみましょう。

ブーツ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。